制服を着ない子供

幼稚園の制服を着ない子供について

幼稚園入園が決まると、親も子どもも新しい生活がどんなものになるだろうかと、わくわくしながら思い描きます。入園する大抵の子供たちは、2歳から4歳の幼児期であり、まだまだ可愛い時期です。届いたばかりの新調した制服は、ぶかぶかの大きめのサイズであり、肩がおちてたり、小さな手のひらが見えなかったりしますが、それもまたご愛嬌です。どんな幼稚園生活になるのかと思い描きながら、制服のお直しをしたり、入園グッズを作ったり、それぞれに名前を書き、手を加えて準備をしていきます。そうして、入園式の日を迎え、子供たちは初めての社会生活をスタートさせます。

保護者と一緒に登園する入園式など数日を経て、幼稚園の出入り口や教室で保護者と別れ、幼稚園生活の日常をスタートさせると、初めてのことの連続になります。まだお友達としっかりと関わる、ということができるわけでもなく、先生はクラスの先生であり、自分ひとりだけを見てくれるわけでもなく、どんなに泣いてもママが駆けつけてくれることがなかったりすることに気づきます。そして、子供が制服を着ないと言い出して、親を困らせたりします。毎日でなくても、一度や二度、着ないと言われて困ることは多くありますが、駄々をこねて、頑なに身体を踏ん張り、絶対に着ない子供はいるのです。

毎日可愛い制服を着て笑顔で登園する他の子供が目につくなか、なぜ自分の子供だけが制服を着ないのか、幼稚園に行きたがらないのか、親であれば誰もが悩みます。自分の育て方が何か間違っていたのではないか、自分の子供の心のどこかがおかしいのではないかと疑心暗鬼になります。しかし、暗い顔をして思い詰めていても何の解決にもなりません。親が不安そうな顔をすればするほど、子供がよい方向へいくはずがありません。着ないなら着ないでも構わない、と言うくらい気持ちを大きく持って不安な気持ちを抱えた子供と向き合えばよいのです。

たかだか数年の人生しか生きていない子供にとって、新しい生活はとてもパワーのいるものです。大人になった社会人でさえ、会社に入社して初めて働く環境になったとき、不安になったりするのですから、小さな子供にとっては大きなストレスでもあります。幼稚園の制服を着ることが幼稚園生活の象徴のようにイメージされて嫌な気持ちになっているのであれば、まずは自分の好きな私服で登園させることです。登園する、ということが最初の一歩ですから、そこから楽しいことを少しずつ増やしていき、安心感を与えて、幼稚園に対する悪いイメージを排除してあげればよいのです。そうすれば、いつかぶかぶかの制服を着て、笑顔で登園してくれるはずです。