オシャレを楽しむ

皆と同じ幼稚園の制服でもオシャレを楽しむ事が出来ます

以前に比べると、三年保育の幼稚園が増加してきています。さらに私立の園も多くなり、その特色を表す制服にも変化が見られるようになってきました。スモッグタイプやブレザータイプ等バラエティーに富み、色やデザインも様々です。さらに園によっては、レッスンバッグやシューズバッグ、帽子等の小物も規定の物を使用するよう指示がある場合があります。全て制服に合った物を園側が選んでいるため、全て揃え着用すると子供が凛々しく見えるものです。幼稚園に入園させる子供を持つ方は、予め制服を確認しておくことで、自分の子供の素敵な姿を想像し、入園を楽しみに待つ事が出来ます。

幼稚園では、まだまだ目が離せない園児達が大勢遊んでいます。その生活の中で、服の着脱を自分で行なう練習を行わなければなりません。次第に学習し、自然と出来るようになりますが、全く同じ制服の子供達が大勢いるため、時には間違ってしまう場合もあります。さらに子供も自分の持ち物がどれなのか分からなくなり、パニックになってしまう事もあります。そういった事が起こらないようにするためにも、何かポイントを付けておくことがお勧めです。子供にとっては、他の子とは違ったオシャレだと喜ぶ事間違いありません。園側が許してくれるのであれば、目立つ部分にワッペンを付けてあげると目印にもオシャレにもなります。

入園の際に購入した幼稚園の制服は、次第に子供の成長と共にサイズが変わってきます。これは子供の成長の証であり、親にとっては嬉しい事です。しかし、実際に買い替えをしないといけないとなると出費がかさむため、金銭的には辛いところです。そのため、入園一年目はスカートやズボン、ブレザー等を少し大きめサイズで購入しておく事がお勧めです。丈や長くなり、少しオシャレ感には欠けますが、丈をあげてあげる事でその悩みも解消されます。ズボンであれば腰のゴムを調整するほかありませんが、スカートであれば、希望の長さに丈をあげてあげると他の子供よりもオシャレに見えます。

幼稚園の制服で他の園児とは一味違ったオシャレを楽しみたいという方は、他の小物で差をつける事でオシャレを楽しむ事が出来ます。その代表となるのが、靴下です。女の子であれば、スカートの長さに合わせた靴下を履く事で大人っぽく見せたり、子供らしい雰囲気にしたりと自由自在に変える事が出来ます。さらに靴もポイントです。服の雰囲気に合った靴を履く事で、同じ制服でも他の子とは少し違った印象にする事も出来ます。園児は、毎日遊ぶので白色や高級な靴下や靴を履かせるとすぐに汚れて破れてしまう事もあります。そのため、気軽に履く事が出来るようなお手頃でオシャレな小物を探し、毎日の幼稚園生活を楽しめるようにしてあげて下さい。